ドライオーガズム

戦国時代などかなり昔から男性同士のアナルセックスはあったと聞きました。
しかし、私にはどうしてもアナルで気持ちよくなる感覚がわからなかったのです。
近年になってそのメカニズムを知り、ようやく納得がいきました。
男性には前立腺があり、それを刺激することにより、ドライオーガズムを得ることができたのです。
この絶頂感は射精の比ではなく、かなり強い快感が全身を貫き、思わず吼え声が出てしまうほどでした。
前立腺の刺激にはアナルから直接指や器具を入れることが必要ですが、一度コツを覚えてしまえば、そう難しいことではありません。
一人で前立腺を刺激するのは難しくとも、パートナーに手伝ってもらえばたやすく絶頂が迎えられるのです。
女性がアダルトビデオなどで「イク」感じは、全身をびくんびくんと震わせ、しばらく放心状態になる物です。
体験などをまとめているサイトをご紹介しておきます。
ドライオーガズムの体験談

男性がドライオーガズムを感じる時も同じような状態になり、射精を伴わないので体力の消耗はあまりありませんが、しばらくは快感のために動くこともままなりません。
前立腺刺激による快感はそれほど大きな物であり、だからこそみんながその快楽を求めるのです。
いまやアダルトサイトなどでメジャーになっているこの絶頂の状態ですが、かつてはアブノーマルでそれほど知られてはいませんでした。

org4
もちろん男性がアナルで快感を得ることがタブーであったのも大きな理由でしょう。
実際、前立腺刺激を一人で行っている姿はけっこう絵にならない物があります。
ただ、この時得られる快感は射精の何倍にもなるわけで、それだけをとっても優秀な方法である事実に違いはありません。
ウェットオーガズムは射精するたびに男性の体力を奪っていく物です。
精液を放出するのは男性にとって大きなリスクでしょう。
対するドライオーガズムは絶頂感が大きい割には体力の消耗はそれほどでもなく、続けて快感を得ることも可能なので、体に負担をかけません。
そうした部分が現代風に言うならば、効率的と呼べることにつながります。
アダルトサイトなどで見ていくと、風俗店でも射精を伴わない絶頂状態を売りにしている所が増えてきました。
性感エステなどはその代表で、来たお客さん全員に満足してもらうことを目的にしています。

org3
女性と違って男性は射精による絶頂を迎えてしまうと体力を著しく消耗します。
そのため、効率的で体力を消耗しないドライオーガズムには大いに満足感を得られるのです。
これがあるからこそアナルの快感も肯定され、いい気持ちになれる方法が開発されていきます。
性感エステでは風俗嬢がかなり高い技術を持っており、彼女たちに任せておけば自然な形で射精なしの絶頂を迎えることが可能です。
それは、風俗嬢一人一人がお客を確実にイカせることに対して誇りを持っており、仕事にやり甲斐を持っているのが大きいでしょう。
もちろん彼女たちはテクニックも有しており、アナルに指を入れたりする動作一つとってみても非常にスムーズかつよどみがありません。

Comments are closed.