ドライオーガズムを経験してわかったこと

何事も自分の体で試してみないことには、本当の意味で理解したことにはなりません。
アナルの快感について学生時代から興味を持っていましたが、男性のお尻については昔からタブーとされており、そんなに知る機会はありませんでした。
しかし、今はインターネットがありますので、簡単にそのメカニズムについて知ることが可能になっています。
男性がアナルで感じるのは、前立腺を直接刺激されるからです。
この時感じる絶頂感は射精によるそれとはまったく異なり、射精を伴わないドライオーガズムになります。
そのため、体力の消耗はほぼなく、絶頂感も射精の数倍になり、脱力感もありません。
こうした点を見ると、オナニーによる射精のリスクの高さがはっきり見えてきます。
知識をネットで仕入れ、私もドライオーガズムを経験してみようとアナルオナニーを敢行しました。
まず腸内をきれいに洗浄し、手袋をはめます。

org1
次に指をアナルに入れ、前立腺を刺激していくのですが、これがなかなか骨の折れる作業でした。
結局指だけではイクことができず、通販で棒状の器具を購入し、それでようやく達することができたのです。
一人でオナニーをする時は指だけではきつい物があるとわかっただけでもめっけものでした。
しかし、その快感は想像以上の物でして、「おおっおおお」と思わず声にならない声が出てしまい、しばらくはびくんびくんと体が痙攣して、快感のために身動きがとれなくなってしまったのです。
アナルの快楽を知って病み付きになる人の気持ちが大いにわかりました。
ペニスから受ける刺激と前立腺で受ける刺激は根本が違うので、達するパターンも異なってきます。
ウェットオーガズムは一瞬にして終わってしまいますが、ドライオーガズムは長くその快感が持続するのです。
最近は妻とのセックスにこの絶頂感を取り入れることにし、妻にも話して協力してもらっています。
自分一人で器具を使って絶頂感を味わうのも悪くないですが、こういうことはやはりセックスの中で味わってこその快感だと思うのです。
もちろん妻にもサービスすることを忘れず、69の体勢からクンニリングス、指マンで妻をイカせてから自分も絶頂を味わうのがいつものパターンになりました。
ペニスを挿入することの快感より、ここ最近は前立腺刺激による快感のほうが強くなってきたように感じます。
何度もドライオーガズムに達していると、体のほうがそれに合わせて性感帯が鋭敏になってくるようです。
私は今までなら感じなかった玉袋の裏を妻に舐めてもらっている時に射精せずに絶頂を迎えました。
だんだんとこうした変化があると、「よし、もっと極めてやろう」と思う気持ちが出てきます。
現在はさらに性感帯を開発するために知識を仕入れ、自分なりのやり方で快感を味わわれるように修行中です。
マンネリ化していたセックスもこうした目標ができればかなり楽しくなり、夫婦間も円満になるので、いいことだらけで大変満足しています。

Comments are closed.