ドライオーガズムを感じる者同士の親近感

同性愛とかそういう気はないですが、最近アナルセックスが趣味の男性と知り合い、仲良くしています。
彼がいうには、アナルから指を入れて、前立腺を刺激し射精せずに絶頂を味わうことができるドライオーガズムなる状態が一番とのことです。
この方法は古来より男性同士のセックスにおいて一般的な感覚として受け入れられてきた物らしく、射精の数倍もの快感を得られると聞きました。
ネットでアダルトサイトを調べてみると、確かにウェットオーガズムと区別され、射精しないので放出による脱力感、体力の消耗もほぼないとの記述があったのです。
この快感を得るには前立腺の刺激がツボであり、どうすればこれが得られるかについても詳しい説明がありました。

org2
やり方は単純で、アナルに指あるいは棒状の特殊な器具を入れ、前立腺を直接刺激するのが一般的です。
アナルオナニーと呼ばれている物がこれで、人にやってもらうほうがより効率的にイクことができます。
最近の性感エステではドライオーガズムを売りにしており、風俗嬢すべてが一定の技術を持ち、お客に確実な絶頂感を味わわせてくれる点で安心です。
私も最近友人に誘われて性感エステに行きましたが、マグロの状態で風俗嬢にすべてやってもらい、アナルに指を入れられて達する瞬間に「ほおおうっ」と自分でもびっくりするくらい大きな声が出てしまいました。
アナルの快感は病みつきになると聞きましたが、確かにこの快感が何度も味わえるなら夢中になるのも納得です。
慣れてくると全身の性感帯が開発され、イきやすい体になります。
このあたりは女性と同じで、快感を味わいやすい体に生まれ変わるのです。
前立腺刺激はやや特殊ですが、ドライオーガズムを確実に味わうためにもマスターしておきたい技術でもあります。
私は妻にも手伝ってもらって、なるべくセックスの際は射精を伴わない絶頂状態を味わってからプレイに興じ、消耗を抑えているのです。
それによってセックス時間が飛躍的に伸び、良い意味で刺激が得られる状態が長くなりました。
こうしたテクニックを使えるようになったのも、射精せずにイク状態を知り、それを応用できるようになったからです。
自分でもその変貌っぷりには驚いています。
チャンスとタイミング次第で、セックスやオナニーに関しての知識や技術はどんどん増えていきます。
私もセックスに関しては年齢のこともあってマンネリ化していました。
しかし、ドライオーガズムを知ってからは妻とのセックスが義務ではなく、むしろ楽しい物になったのです。
効果的な前立腺刺激のコツはまだ修行中ですが、妻に手伝ってもらえばそれほど苦になりません。
ある意味、こういう所で協力してこそ本当の意味で夫婦と呼べるのではないでしょうか。
射精してしまえば終わりだったそれまでのセックスの味気なさと比べ、射精を伴わずに絶頂を感じる今のセックスはかなり刺激的に思えます。
それは、新しい世界の到来を感じさせる物でした。

Comments are closed.