ドライオーガズムで幸せを感じる人たち

アブノーマルな快感を覚えると、それは特殊な性癖になると聞きました。
しかし、今の多様性が認められる時代にあって、ノーマルの基準はかなりぶれていますから、自分が自由に快感を得て、それを追求していっていいと思います。
友人がアナルの快感に目覚め、それをよく話してくれるようになりました。
彼は特殊な器具を使ってアナルに挿入し、前立腺を直接刺激するオナニー方法をマスターしたそうです。
それによって得られるドライオーガズムなる感覚についていろいろ語ってくれましたが、想像以上にすごい物でした。
彼は最初にそれを感じた時、わけのわからない声を出し、かなり長い間びくんびくんと全身を震わせていたそうです。
これは別に彼に限ったことではなく、この快感を得た人すべてがそうなるとの話でした。
驚いたのは、これが射精を伴わない絶頂の状態だったことです。
男性の絶頂イメージは、射精に凝縮されます。
それは、古来よりペニスを刺激し、精液を放出することで男性が快感を得てきたからです。
前立腺刺激はそれとは根本的に異なっており、射精せずに全身を震わせるような快感を得ることになります。
精液が出ないので強い快感があるにも関わらず、体力の消耗はほとんどありません。
それがドライオーガズムと呼ばれる所以で、精液が出るウェットオーガズムとははっきり区別されています。
アナルに指や器具を入れるのが前立腺刺激のオーソドックスなやり方ですが、これは人にやってもらったほうがいいでしょう。
最近は性感エステなるお店があり、風俗嬢が指や器具を使い、前立腺を刺激して簡単に絶頂を味わうことができます。
私も友人の話を聞いて興味を持ったので、つい最近お店に行ってきました。
お店ではかなり多くの常連客がいて、すぐに風俗嬢と一緒にプレイに興じることになりました。
女の子は慣れた物で、てきぱきと準備をし、私のアナルに指を入れて前立腺を刺激してくれたのです。
最初は思ったより快感はないなと感じましたが、時間が経つにつれ、体の奥から快感がわきあがり、おさえられなくなって「ふおううう」とかなり大きな吼え声と共に、放心状態になってしまいました。
ここに至って、ようやくアナルに目覚めた友人の気持ちがわかったのです。
男性の究極の快楽であるドライオーガズムは、それを実感してこそ理解が深まります。
プロをたくさんそろえている性感エステでは、確実にお客がドライオーガズムを感じられるように、きちんとした指導が行われています。
かつて私はソープランドで同じようなプレイをしたことがありましたけど、ソープ嬢では技術が拙く、結局達することはできませんでした。
前立腺刺激にはコツがあり、性感エステではこれに特化した指導や教育をきちんと施しているので、技術力に違いがあります。
私が絶頂を迎えることができたのも、こうした技術力を持つ風俗嬢の力が大きいです。
一度達すると体が感じやすくなりますので、今の私は以前より敏感になったと実感しています。

Comments are closed.