ドライオーガズム

戦国時代などかなり昔から男性同士のアナルセックスはあったと聞きました。
しかし、私にはどうしてもアナルで気持ちよくなる感覚がわからなかったのです。
近年になってそのメカニズムを知り、ようやく納得がいきました。
男性には前立腺があり、それを刺激することにより、ドライオーガズムを得ることができたのです。
この絶頂感は射精の比ではなく、かなり強い快感が全身を貫き、思わず吼え声が出てしまうほどでした。
前立腺の刺激にはアナルから直接指や器具を入れることが必要ですが、一度コツを覚えてしまえば、そう難しいことではありません。
一人で前立腺を刺激するのは難しくとも、パートナーに手伝ってもらえばたやすく絶頂が迎えられるのです。
女性がアダルトビデオなどで「イク」感じは、全身をびくんびくんと震わせ、しばらく放心状態になる物です。
体験などをまとめているサイトをご紹介しておきます。
ドライオーガズムの体験談

男性がドライオーガズムを感じる時も同じような状態になり、射精を伴わないので体力の消耗はあまりありませんが、しばらくは快感のために動くこともままなりません。
前立腺刺激による快感はそれほど大きな物であり、だからこそみんながその快楽を求めるのです。
いまやアダルトサイトなどでメジャーになっているこの絶頂の状態ですが、かつてはアブノーマルでそれほど知られてはいませんでした。

org4
もちろん男性がアナルで快感を得ることがタブーであったのも大きな理由でしょう。
実際、前立腺刺激を一人で行っている姿はけっこう絵にならない物があります。
ただ、この時得られる快感は射精の何倍にもなるわけで、それだけをとっても優秀な方法である事実に違いはありません。
ウェットオーガズムは射精するたびに男性の体力を奪っていく物です。
精液を放出するのは男性にとって大きなリスクでしょう。
対するドライオーガズムは絶頂感が大きい割には体力の消耗はそれほどでもなく、続けて快感を得ることも可能なので、体に負担をかけません。
そうした部分が現代風に言うならば、効率的と呼べることにつながります。
アダルトサイトなどで見ていくと、風俗店でも射精を伴わない絶頂状態を売りにしている所が増えてきました。
性感エステなどはその代表で、来たお客さん全員に満足してもらうことを目的にしています。

org3
女性と違って男性は射精による絶頂を迎えてしまうと体力を著しく消耗します。
そのため、効率的で体力を消耗しないドライオーガズムには大いに満足感を得られるのです。
これがあるからこそアナルの快感も肯定され、いい気持ちになれる方法が開発されていきます。
性感エステでは風俗嬢がかなり高い技術を持っており、彼女たちに任せておけば自然な形で射精なしの絶頂を迎えることが可能です。
それは、風俗嬢一人一人がお客を確実にイカせることに対して誇りを持っており、仕事にやり甲斐を持っているのが大きいでしょう。
もちろん彼女たちはテクニックも有しており、アナルに指を入れたりする動作一つとってみても非常にスムーズかつよどみがありません。

ドライオーガズムを感じる者同士の親近感

同性愛とかそういう気はないですが、最近アナルセックスが趣味の男性と知り合い、仲良くしています。
彼がいうには、アナルから指を入れて、前立腺を刺激し射精せずに絶頂を味わうことができるドライオーガズムなる状態が一番とのことです。
この方法は古来より男性同士のセックスにおいて一般的な感覚として受け入れられてきた物らしく、射精の数倍もの快感を得られると聞きました。
ネットでアダルトサイトを調べてみると、確かにウェットオーガズムと区別され、射精しないので放出による脱力感、体力の消耗もほぼないとの記述があったのです。
この快感を得るには前立腺の刺激がツボであり、どうすればこれが得られるかについても詳しい説明がありました。

org2
やり方は単純で、アナルに指あるいは棒状の特殊な器具を入れ、前立腺を直接刺激するのが一般的です。
アナルオナニーと呼ばれている物がこれで、人にやってもらうほうがより効率的にイクことができます。
最近の性感エステではドライオーガズムを売りにしており、風俗嬢すべてが一定の技術を持ち、お客に確実な絶頂感を味わわせてくれる点で安心です。
私も最近友人に誘われて性感エステに行きましたが、マグロの状態で風俗嬢にすべてやってもらい、アナルに指を入れられて達する瞬間に「ほおおうっ」と自分でもびっくりするくらい大きな声が出てしまいました。
アナルの快感は病みつきになると聞きましたが、確かにこの快感が何度も味わえるなら夢中になるのも納得です。
慣れてくると全身の性感帯が開発され、イきやすい体になります。
このあたりは女性と同じで、快感を味わいやすい体に生まれ変わるのです。
前立腺刺激はやや特殊ですが、ドライオーガズムを確実に味わうためにもマスターしておきたい技術でもあります。
私は妻にも手伝ってもらって、なるべくセックスの際は射精を伴わない絶頂状態を味わってからプレイに興じ、消耗を抑えているのです。
それによってセックス時間が飛躍的に伸び、良い意味で刺激が得られる状態が長くなりました。
こうしたテクニックを使えるようになったのも、射精せずにイク状態を知り、それを応用できるようになったからです。
自分でもその変貌っぷりには驚いています。
チャンスとタイミング次第で、セックスやオナニーに関しての知識や技術はどんどん増えていきます。
私もセックスに関しては年齢のこともあってマンネリ化していました。
しかし、ドライオーガズムを知ってからは妻とのセックスが義務ではなく、むしろ楽しい物になったのです。
効果的な前立腺刺激のコツはまだ修行中ですが、妻に手伝ってもらえばそれほど苦になりません。
ある意味、こういう所で協力してこそ本当の意味で夫婦と呼べるのではないでしょうか。
射精してしまえば終わりだったそれまでのセックスの味気なさと比べ、射精を伴わずに絶頂を感じる今のセックスはかなり刺激的に思えます。
それは、新しい世界の到来を感じさせる物でした。

ドライオーガズムを経験してわかったこと

何事も自分の体で試してみないことには、本当の意味で理解したことにはなりません。
アナルの快感について学生時代から興味を持っていましたが、男性のお尻については昔からタブーとされており、そんなに知る機会はありませんでした。
しかし、今はインターネットがありますので、簡単にそのメカニズムについて知ることが可能になっています。
男性がアナルで感じるのは、前立腺を直接刺激されるからです。
この時感じる絶頂感は射精によるそれとはまったく異なり、射精を伴わないドライオーガズムになります。
そのため、体力の消耗はほぼなく、絶頂感も射精の数倍になり、脱力感もありません。
こうした点を見ると、オナニーによる射精のリスクの高さがはっきり見えてきます。
知識をネットで仕入れ、私もドライオーガズムを経験してみようとアナルオナニーを敢行しました。
まず腸内をきれいに洗浄し、手袋をはめます。

org1
次に指をアナルに入れ、前立腺を刺激していくのですが、これがなかなか骨の折れる作業でした。
結局指だけではイクことができず、通販で棒状の器具を購入し、それでようやく達することができたのです。
一人でオナニーをする時は指だけではきつい物があるとわかっただけでもめっけものでした。
しかし、その快感は想像以上の物でして、「おおっおおお」と思わず声にならない声が出てしまい、しばらくはびくんびくんと体が痙攣して、快感のために身動きがとれなくなってしまったのです。
アナルの快楽を知って病み付きになる人の気持ちが大いにわかりました。
ペニスから受ける刺激と前立腺で受ける刺激は根本が違うので、達するパターンも異なってきます。
ウェットオーガズムは一瞬にして終わってしまいますが、ドライオーガズムは長くその快感が持続するのです。
最近は妻とのセックスにこの絶頂感を取り入れることにし、妻にも話して協力してもらっています。
自分一人で器具を使って絶頂感を味わうのも悪くないですが、こういうことはやはりセックスの中で味わってこその快感だと思うのです。
もちろん妻にもサービスすることを忘れず、69の体勢からクンニリングス、指マンで妻をイカせてから自分も絶頂を味わうのがいつものパターンになりました。
ペニスを挿入することの快感より、ここ最近は前立腺刺激による快感のほうが強くなってきたように感じます。
何度もドライオーガズムに達していると、体のほうがそれに合わせて性感帯が鋭敏になってくるようです。
私は今までなら感じなかった玉袋の裏を妻に舐めてもらっている時に射精せずに絶頂を迎えました。
だんだんとこうした変化があると、「よし、もっと極めてやろう」と思う気持ちが出てきます。
現在はさらに性感帯を開発するために知識を仕入れ、自分なりのやり方で快感を味わわれるように修行中です。
マンネリ化していたセックスもこうした目標ができればかなり楽しくなり、夫婦間も円満になるので、いいことだらけで大変満足しています。

ULT究極のドライオーガズムバイブルでドライオーガズムを習得する利点と欠点について

極めれば極めるほど、性の道は奥が深いと思うようになります。
快感を得るために人は何でもすると聞いたことがありますが、確かにそうした傾向はあるでしょう。
妻と一緒にアダルトサイトを見ていたら、射精を伴わないドライオーガズムなる絶頂の状態があるとわかりました。
私も妻も良い年ですので、セックスそのものもマンネリ化していたため、この方法をセックスに取り入れることにしたのです。
最初はやり方もわからなかったので、適当にアナルを洗浄して妻に指を入れてもらっていましたが、だんだんとコツがわかると、前立腺の場所が意識できるようになりました。
前立腺を刺激し、自分がこれだと思うポイントが理解できるようになったのは、すでに何度も達した後だったのです。
一度アナルの快感を味わうと癖になると友人から聞いていましたが、確かにこれは病みつきになります。
妻とのセックスのたびに前立腺を刺激し、射精しないで絶頂を迎える状態を続けていたので、知らず知らず体がそちら方向に開発されたようです。
これは女性が「入れられる」ことに快感を覚える感覚と同じで、私自身もアナルに目覚めていったことがわかります。

しかし、この絶頂はたんなる入り口にすぎずに、本物のドライオーガズムを習得する事が出来ました。

ULT究極のドライオーガズムバイブルをためhしてみたのです。

情報はmixi経由で仕入れました。で、実際やってみました(半信半疑でした、最初は)
見事に逝きました。
本当にイクという表現が正しい・・・。つまり生命を飛び越えた、神秘的なレベルでのイクという感覚です。

これはマジで気持ちいいと思いました。ULT究極のドライオーガズムバイブルは本物です。

何度もイってわかったのですが、ドライオーガズムは射精を伴う絶頂パターンよりもはるかに大きな快感が全身を貫き、しばらく身動きもとれなくなります。
最初はあまりの快感の大きさに驚き、自分の体にこんな神秘的な部分があったのかと驚愕した物でした。
慣れてきた今となってはそれほど衝撃もありませんが、やはりドライオーガズムを感じる時にはかなりのショックがあります。
セックスが射精で終わっていた時代には味わうことのできなかった、深みのある快感がそこに確かに存在し、これを極めてみたいと思う気持ちが確かにわいてきたのです。
自分なりに興味を持って調べてみると、セックスライフにおいて射精は必ずしも必要でないことがわかりました。
射精をしてしまうと男性は著しく体力を失います。
前立腺刺激による絶頂感にこだわりを持っている人は、ある意味でセックスの時間を長く取ることに喜びを見出しているわけです。
私も最近はそう思えるようになってきて、妻とのセックスが楽しくてしょうがありません。
もっと早くこの快感を知っていたら、セックスライフが充実していたでしょう。
年配者のセックスはかなり単調になると聞きましたが、射精を伴わない絶頂の状態にいつでもなることができれば、それほど苦にならないと思います。
メカニズム的に見ていくと、ややアブノーマルな印象があるドライオーガズムですが、私と妻にとっては、これからのセックスライフを明るくしてくれる重要な面が多いです。
何度もイクと体がそれにあわせて開発されていくのは男女ともに同じ現象らしく、私の体も前立腺刺激によってかなり変化がもたらされました。
その影響はかなり大きく、私自身が気持ち良いと感じる部分が増えており、今では玉を舐められただけで達することも珍しくありません。

ドライオーガズムで幸せを感じる人たち

アブノーマルな快感を覚えると、それは特殊な性癖になると聞きました。
しかし、今の多様性が認められる時代にあって、ノーマルの基準はかなりぶれていますから、自分が自由に快感を得て、それを追求していっていいと思います。
友人がアナルの快感に目覚め、それをよく話してくれるようになりました。
彼は特殊な器具を使ってアナルに挿入し、前立腺を直接刺激するオナニー方法をマスターしたそうです。
それによって得られるドライオーガズムなる感覚についていろいろ語ってくれましたが、想像以上にすごい物でした。
彼は最初にそれを感じた時、わけのわからない声を出し、かなり長い間びくんびくんと全身を震わせていたそうです。
これは別に彼に限ったことではなく、この快感を得た人すべてがそうなるとの話でした。
驚いたのは、これが射精を伴わない絶頂の状態だったことです。
男性の絶頂イメージは、射精に凝縮されます。
それは、古来よりペニスを刺激し、精液を放出することで男性が快感を得てきたからです。
前立腺刺激はそれとは根本的に異なっており、射精せずに全身を震わせるような快感を得ることになります。
精液が出ないので強い快感があるにも関わらず、体力の消耗はほとんどありません。
それがドライオーガズムと呼ばれる所以で、精液が出るウェットオーガズムとははっきり区別されています。
アナルに指や器具を入れるのが前立腺刺激のオーソドックスなやり方ですが、これは人にやってもらったほうがいいでしょう。
最近は性感エステなるお店があり、風俗嬢が指や器具を使い、前立腺を刺激して簡単に絶頂を味わうことができます。
私も友人の話を聞いて興味を持ったので、つい最近お店に行ってきました。
お店ではかなり多くの常連客がいて、すぐに風俗嬢と一緒にプレイに興じることになりました。
女の子は慣れた物で、てきぱきと準備をし、私のアナルに指を入れて前立腺を刺激してくれたのです。
最初は思ったより快感はないなと感じましたが、時間が経つにつれ、体の奥から快感がわきあがり、おさえられなくなって「ふおううう」とかなり大きな吼え声と共に、放心状態になってしまいました。
ここに至って、ようやくアナルに目覚めた友人の気持ちがわかったのです。
男性の究極の快楽であるドライオーガズムは、それを実感してこそ理解が深まります。
プロをたくさんそろえている性感エステでは、確実にお客がドライオーガズムを感じられるように、きちんとした指導が行われています。
かつて私はソープランドで同じようなプレイをしたことがありましたけど、ソープ嬢では技術が拙く、結局達することはできませんでした。
前立腺刺激にはコツがあり、性感エステではこれに特化した指導や教育をきちんと施しているので、技術力に違いがあります。
私が絶頂を迎えることができたのも、こうした技術力を持つ風俗嬢の力が大きいです。
一度達すると体が感じやすくなりますので、今の私は以前より敏感になったと実感しています。